ホームステイ その1 ホームステイの基礎知識

短期留学の筆頭と言うべきホームステイ。

また、ホームステイはあらゆる留学の基礎となると思います。

そのホームステイは、じゃ、ただ人のうちに泊まるだけなのでしょうか?

ホームステイの起源は、「国際生活体験」と言われるもので、1932年にアメリカのドナルド・ワット博士が提案したと言われています。

ホームステイの基礎的なルールは、

  • 最初にあげられる基本中の基本。

    ホームステイの間は家族の一員となり、その家庭のルールで生活しなければならない。家族の一員として、自分の意見はきちんと述べる。ただ家族の一員と言っても、自身はお邪魔している立場なので、礼儀を弁える事。

  • ホストファミリーの中には、日本語が話せる人達も居ます。しかし、出来るだけその国の言葉で話す事。努力は必ず相手に伝わりますので、困った時の為にも、コミュニケーションはとっておく。 
  • 現地で友達が出来て友達と行動をする事もあるでしょうが、ホームステイが主な目的である場合は、出来るだけホストファミリーと一緒に過す。 
  • 家で食事を取らない場合は、ホストに事前に伝える。 
  • 帰宅が遅れる時は、連絡して用件を伝える。 
  • ホームステイを終了する時は、自分の荷物を全てまとめ、部屋を整頓する。
  • 全ての交通費、電話の通話料金は自分で支払う。国際電話用プリペイドカードかコレクトコールを利用する。また、ホストファミリーには行事等でかかる費用を支払う義務は無いため、ファミリーと出かける際の費用は自分で出す(だが費用を出してくれるファミリーもいる為、その際は遠慮せずに受け取る)。 

  • 他人だからと言ってお客様気分にならず、手伝いは積極的にする様に心がける。 
  • 衣服の洗濯に関しては、事前に尋ねる。基本的には自分の服は自分で洗濯する。

Wikipedia ホームステイより引用

ホームステイは相手の国の文化を学ぶ事を第1と考えています。あなた自身の成長のためだとも言えます。ですので、思い切って相手の懐に飛び込みましょう。家族の一員として振る舞い、しかし、決してホームステイをさせてもらっているという事を忘れてはならない。非常に複雑なポジションです。

しかし、自分から積極的に相手に迷惑をかけないように質問をしましょう。素直な子供に返るのが秘訣ではないでしょうか。

ホームステイの基礎知識に関するサイト

  • Home Stay についてよく知りましょう
    その様な基本認識に立てば、「低予算・格安留学」を実現するためには、生活・滞在費 をどう抑えるか、が大きな要因になってきます。したがって滞在方法のひとつである、 ホームステイについてよく知る必要もあると考えます。 ●ホームステイには次の3種類が …
    http://futuregate.exblog.jp/5038452
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Captcha *